日本行動分析学会第31回年次大会へ

0

    D−BACメンバー5名で行ってきました
    今年は岐阜大だったので 行かないわけないでしょー
    (去年は高知・・。) 

    写真を撮り忘れたので 手元に残った記念駐車許可証。

    一部しか受講できなかったのですが、
    その一つは島宗先生、奥田先生、杉山先生と山本先生による「体罰」について。
    なぜ教育現場で体罰はなくならないのか?
    と同じくらい根強く用いられる犬のしつけに体罰を使う人間。

    なぜ 体罰が社会からなくならないのか?という分析も、どのようにすると改善していくのかという解説も、この学問を通して考えると本当に良く理解できます。
    また勉強になりました

    もう一つの講義は、小笠原先生による「問題行動へのアプローチ」
    (児童生徒への支援特殊教育・福祉施設における自閉症者への支援)
    現場における、アセスメントから介入・支援までの5ケースについての発表でした。


    特に自閉症や発達障害を持った人へ応用されている行動分析学ですが、
    犬にも応用され、効果が高い理由の一つは、
    障害を持った人や犬達動物は、いわゆる健常者と違った物の見方、感じ方を持っていて
    こちらの解釈と同じように理解してもらおうってことが非常に困難なんですね。
    根本的に感じ方が違うのだから 伝える方法や理解度の解釈は、目に見える“行動”をもとにアプローチしないと ミスコミュニケーション(もしくは、効率の悪いしつけの手法)が起きて行っちゃうんですね。




    日本動物心理学会 へ出席

    0
       第27回 日本動物心理学会 at 関西学院大学 へ出席してきました。

      京都大学の松本先生の講演 
      「脳の報酬機能における ドーパミンニューロンと外側手綱核の役割」

      報酬(喜び刺激) と 報酬の消失または嫌悪刺激 の提示でそれらの脳内物質がどのように活動をするのか。


      その他の時間は ポスター発表でいくつもの研究結果を知ることができた。
      興味があったのは、
      「長期ストレスと環境エンリッチメント飼育が認知課題成績に及ぼす影響」
          
      「自発的回復に及ぼす耐性形成/拮抗条件づけ手続きの効果」
          
      一緒に参加した方たちと復習の意味も含めて 勉強会を行い より正しく深い理解をしたいと思います。

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      1

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 「犬の生活論」1月2月募集中
        酒井由美子
      • 不妊手術について(JAPDTカンファレンス報告)
        きょんた
      • 不妊手術について(JAPDTカンファレンス報告)
        Joanna-papa
      • プレオーナークラス
        secillove
      • プレオーナークラス
        しい
      • 7/18(水)クリッカーStep2 開催
        GD竹内
      • 7/18(水)クリッカーStep2 開催
        トイプー福

      profile

      書いた記事数:70 最後に更新した日:2015/02/17

      search this site.

      others