Tタッチ

0
    川崎の「犬の家 WanPesce」さんで行われた、
    デビー・ポッツ先生のTタッチセミナー&ワークショップに参加しました。

    東京で活躍中のDoggyLabo代表で、「モンダイ行動の処方箋」の著書
    中西典子さんというトレーナーさんが、
    ”部活”と称して定期的に勉強会を行っていて、
    その部活の参加者が対象だったので、中級レベルのセミナーでした。

    中西さんとはダンバー先生のセミナーで知り合って以来の友人で、
    私もTタッチのセミナーを何度か経験しているので、
    今回FBで誘われて参加しました。

    Tタッチは動物の身体全体を指と手で円を描くように動かすことをベースとしていますが、
    マッサージではありません。
    細胞組織に働きかけ、細胞感覚を活性化することで、
    緊張をほぐし、身体を意識させ、バランスがとれるようにすることで、
    動物が新しいことをより学習しやすく、適切な行動を取れるようにします。



    そして、Tタッチをする時に大切なのは、人間側の状態。
    人間が呼吸を整え、リラックスし、心をオープンにしていないと、
    動物をリラックスさせることはできません。
    でもこれが結構難しいんですよねあせる
    犬が突然吠えたとき、困った行動をしたとき、
    私たちはつい息を吸い込み、緊張してしいます。
    その緊張は動物に伝わり、彼らがリラックスできない状態にしてしまいます。

    というわけで今回のセミナーの合言葉は、
    「犬が吠えたら息をはくビックリマーク」でした。

    どうしていいかわからない時、
    ビックリした時、
    犬が吠えた時、
    そんなときはまずは「息を吐くビックリマーク」です。
    そして、心をオープンにし、
    肉体がバランスを保っているように(前のめりになっていないように)
    体の中心から手が動くことを意識する。
    自分をそういう状態にすぐにできるよう訓練するのも必要です。

    犬に起こる問題の7割は人間からの影響だそうです。
    飼い主様にもこのことをしっかり理解していただくことが必要ですね。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「犬の生活論」1月2月募集中
      酒井由美子
    • 不妊手術について(JAPDTカンファレンス報告)
      きょんた
    • 不妊手術について(JAPDTカンファレンス報告)
      Joanna-papa
    • プレオーナークラス
      secillove
    • プレオーナークラス
      しい
    • 7/18(水)クリッカーStep2 開催
      GD竹内
    • 7/18(水)クリッカーStep2 開催
      トイプー福

    profile

    書いた記事数:70 最後に更新した日:2015/02/17

    search this site.

    others