信頼できる人区別

0
     京都大の高岡祥子非常勤講師らは約30頭を使い、中身が見えない二つの容器のうち、まずエサが入っている方を指さしで教えて選ばせる練習を繰り返した後、一度わざと中身を見せた後でエサが入っていない方を指さすことを繰り返した。

    そのうえでもう一度、最初と同じように見えない状態でエサがある方を指さしした。イヌは混乱して、間違えたり、選ばなくなったりした。

    次に別の約30頭で、エサがない方の指さしまでは同じ手順でした後、人を変えてエサのある方を指さしした。すると、別人の指さしには従い正しく選んだ。

    この結果から、イヌは間違った指示をされたことに対し、指さしという「動作」を信じられなくなったのではなく、誤ったことをする「人」を信じられなくなった、と高岡さんらはみている。この人は信頼できる、できないという、社会的な判断をしている可能性がある。

    以上 朝日新聞 平成24年6月25日の記事 より転記





           

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「犬の生活論」1月2月募集中
      酒井由美子
    • 不妊手術について(JAPDTカンファレンス報告)
      きょんた
    • 不妊手術について(JAPDTカンファレンス報告)
      Joanna-papa
    • プレオーナークラス
      secillove
    • プレオーナークラス
      しい
    • 7/18(水)クリッカーStep2 開催
      GD竹内
    • 7/18(水)クリッカーStep2 開催
      トイプー福

    profile

    書いた記事数:70 最後に更新した日:2015/02/17

    search this site.

    others