What is your dog thinking?

0
    人からハンドシグナルを出されたときに、犬の脳なにがどう反応しているかMRIで確認するという研究の発表が出ていました。


    実験の内容は 
    ホットドッグがもらえるという ハンドサインと もらえないハンドサイン を事前に教えておいて
    どちらのサインを見たときに犬の脳が活性化しているか。

    結果は、ホットドッグがもらえるサインを見たときに、脳の反応が見られた。
    それは、犬の報酬システムにダイレクトに働きかけているといえるであろう。
    ということ、。

    犬をMRIで検査中は 沈静剤や麻酔などを使っていない。
    機械の音を遮断するためのヘッドホーンの装着に慣れ、
    自ら喜んでMRIのスキャナーに入り、
    検査中は あご乗せ台にあごを乗せて 全く動かない
    という練習を重ねてきたらしい。

    犬に対しても 実験心理学が進んでいるのですねー。
    数十年先には、犬が何をどのくらい理解しているのかもっと知ることができるようになっていそう。

    (実験心理学とは、研究手法に基づく分類で、思考や偶発的観察ではなく、実験的方法によって得られた事実に基づく心理学。)

    参照 : Science Daily.com (2012/05/04)

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「犬の生活論」1月2月募集中
      酒井由美子
    • 不妊手術について(JAPDTカンファレンス報告)
      きょんた
    • 不妊手術について(JAPDTカンファレンス報告)
      Joanna-papa
    • プレオーナークラス
      secillove
    • プレオーナークラス
      しい
    • 7/18(水)クリッカーStep2 開催
      GD竹内
    • 7/18(水)クリッカーStep2 開催
      トイプー福

    profile

    書いた記事数:70 最後に更新した日:2015/02/17

    search this site.

    others